Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗り物のコト

dengocco


乗り物酔いします。
大人になった今は滅多にありませんが
子供の頃はげろげろでした。
クラスの一軍には絶対なれない魔病・乗り物酔い(それだけの理由じゃない)。
遠足もいっつも青白い顔で髪の毛ぐっしゃぐしゃ(色んな体勢になり背もたれでこすられる為)で写真に納まってます。
三半規管てやつは鍛えられるのだろうか…


電車はよく乗ります。
こもっていて変な匂いがするし知らない人と近いし降りたいときに降りれないのが考えちゃうと恐いからあまり好きじゃないけど
超今更ですが便利ですよねー…あと安い…あんな距離移動できるのに数百円てありがたい…。







〜仲間発見(?!)〜

先日長瀞に行く機会がありまして、
そこでお昼によったお豆腐屋さんの入り口にいました。

nagatoronya
!!
nagatoronya2

に、似ている…!

うめだ屋さんというお豆腐屋さん。
ランチ、とっても美味しかったです。









スポンサーサイト

パンのコト

pan

パン、好きです。

団地っ子だった私。
週に一回、ワゴン車でくるパン屋さんの食パンが大好きでした。
ご近所さんみんなで、一家に一斤(80cmくらいの長さ)って感じで買ってて、
焼かなくても甘くて美味くて
焼いてもやっぱり美味くて、一週間で家族四人ぺろりと平らげてました。

しかし、人間とはというか子供というのは愚かなもので、
そんなに美味しいのにそのパンを、我々姉妹は飽きたのですよ。
死闘を繰り広げ奪い合っていたそのパンを一週間で食べ切らなくなったのです。
冷凍庫に保存してあるパンが増え続けました。

多分予約制だったんだと思うのですが、
毎週新しい焼きたてのやつは特別美味しいからとりあえず最初だけ食べる。余って冷凍保存。
母に怒られる。いうこときかない。の繰り返し。
…パン、買わなくなるわなそりゃ。

しばらく経ってまたあのパンが食べた〜いとなった時には
もう団地には来なくなってしまっていました。

バチがあたったんだ!!と幼き私は本気で反省しました。
いまでもあのパンが無性に食べたくなって悶々とします。
美化されるのも手伝って、
どんなパンを食べても一生あのパン越えはしないのだろうな〜
バチだな〜…と思うであります。







〜おくめ〜
himojun
おくめも実はパンが大好きです。
食べてると爛々とした目でよじ上ってきます。
でもあげちゃいけないので我慢してもらいます。
一度、留守の間に袋の上からズタボロに噛みまくった後があり、以来冷蔵庫に入れてます。















ねこうさぎの大きさ

ookisa

たまに、ねこうさぎ達はどのくらいの大きさなの? と聞かれるので
これくらい↑(画像参照)と手で表してます。
そうです。ニコちゃん大王くらいです。

ついでなのでその他の特徴を。

もっちりというか、もっちし しており、みっちりと短毛が生えててふわふわのもにゃもにゃのすべすべです。
お日様の匂いです。
重さは…5、6キロくらいでしょうか。
ぐにゃぐにゃかと思いきや、ぐっと踏み込む時の手足は強靭です。
ほとんど声を発しません。
空洞のような瞳と遠慮ない態度で心境を表現します。
年齢も性別もよくわかりませんが、自立してる雰囲気です。
人間と一緒に住みますが月に一度、三日間くらい帰ってきません。
もちろんどこへ行っているのか謎です。
薄汚れて帰ってきてしばらく目を合わせてくれません。

あまり人間に甘えてきたりはしませんが、一緒に遊んだり、食べたり、眠ったりするのはなかなか好きなようです。



…途中から本当にいるような気がしてきました。
やべやべ
…いたら いいなぁ。









〜 おくめ 〜
tana1
先日、おくめの姿が見当たらなくなり、焦って探しました。
けっこうな時間呼びかけながら探しても見つからず、
まさか洗濯を干すときにすっと出てしまったのか など恐い想像をして
心臓がぎゅぅぅぅとなった次の瞬間発見。

tana2

前日に「おくめの部屋にすれば〜♡」なんて言って
食器をどかして促したときは完全に無視したくせに
開けっ放しにしてたらこれです。
部屋です。





Extra

プロフィール

なかじましほみ

Author:なかじましほみ
4コマ漫画、毎日更新中!
はんこを彫ったり雑貨作ったり
色んな物のデザインしたりしています。

Twitter >@pitaa_n
Mail >nakahomi★gmail.com
(★を@に変えて下さい)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。